FUJI ROCK FESTIVAL '21 8.22(sun) DAY 3

f:id:nora_inusuke:20210824172209j:plain

 

フジロックに行ってきました。

2日目の土曜日と3日目の日曜日の2日間。

このブログは3日目の日曜日の感想です。

 

2日目は下記です。↓ 先に読んでいただけると幸いです。

 

 

コロナ禍のなか、開催すること自体間違っているのではないかと多くの批判を受けているフジロック。そこに参加することも間違っているのではないかと、参加を辞退した人達が多くいるなかで、自分も行くか行かないか直前まで悩みました。当日の朝まで悩んだ末に行くことを決意しました。

もしかしたら、今回でフジロックは最終回になってしまうかもしれない。もう二度とフジロックに行けなくなってしまうかもしれない。一生後悔してしまうかもしれない。それを思うとどうしても行きたいという気持ちが抑えられませんでした。ごめんなさい。僕の行く理由なんてただのエゴでしかありません。行くことへの批判は素直に受け止めます。

だから、周りの人に迷惑をかけることだけは絶対にしたくない。

フジロックは「世界一クリーンなフェス」と海外からも称されているくらい、客のマナーがとにかく良い、客の意識が高いフェスだと評判なんです。それはきっとみんなフジロックが好きだから、その環境を守りたいという個々の意識が高いんだと思う。運営から「こうしてください。ああしてください。これはダメです。あれは禁止です。」とか言われるのはいままでほとんどなかったです。客は言われなくても自分の身の安全は自分で守ってきました。大雨が降ってびしょ濡れになっても、足元が泥だらけになっても、灼熱の暑さに熱中症になっても、夜になって凍えるような寒さになり風邪をひきそうになっても、台風がきてテントが吹き飛んでも、どんなに酷い目にあっても我々フジロッカーは文句も言わず動じない。それはみんなフジロックが好きだから「自己責任」という精神で参加してきた。フジロック運営側とお客さんとの関係性はお互い信頼関係で成り立っていた気がする。しかし、今の状況はフジロックにとって大きな試練であり岐路に立たされているのかもしれない。今回みんなが試されている。フジロック愛する人たちがどれだけみんな真面目でストイックかってことを示さないといけない。ルールをちゃんと守れる大人なんだということを。

 

それでは、3日目、最終日です。

 

11時くらいに起床。(寝過ぎました)

準備をしてなんだかんだホテルを出たのが14時くらいでした。

昨日は歩きすぎて全身が筋肉痛です。

 

f:id:nora_inusuke:20210824173122j:plain

入場までの工程は昨日と同様。越後湯沢駅からシャトルバスに乗り込む前に「検温チェック」と「個人情報」の提示を行い、バスを降りて検温と消毒、エントランスゲートにて、「検温」「個人情報アプリ提示」「手荷物検査」「リストバンドチェック」を経て入場した。

 

f:id:nora_inusuke:20210824172802j:plain

今日はあいにくの雨です。昨日もサンボマスターのときにゲリラ豪雨に当たったが、今日も雨に悩まされそう。

 

f:id:nora_inusuke:20210824173315j:plain

ゴンちゃんが迎えてくれます。

 

f:id:nora_inusuke:20210824173537j:plain

グリーンステージでは秦基博がすでにはじまっていた。

 

f:id:nora_inusuke:20210824173627j:plain

昨日よりも人が少ない印象。おそらく2日目の土曜日が最も多かったのだろう。土曜日もかなり少なかったけど。

 

f:id:nora_inusuke:20210824173733j:plain

BEGINを見にヘブンに移動します。

 

f:id:nora_inusuke:20210824173808j:plain

いたるところにいるゴンちゃん。

 

f:id:nora_inusuke:20210824173829j:plain

もうBEGINがはじまっていた。

 

FIELD OF HEAVEN

15:20-16:20

BEGIN

 

もうダメですね。昨日から涙腺が緩くなっちゃって。MCでボーカルの比嘉さんが「みんな、色々あって大変だったね。」と、優しく言われて泣いてしまった。

「チケットだって安くないしね、ここに来るまでいっぱい貯金して、休みまで取ってさ、楽しみに来たわけでしょ?」

と、お客さんの心情をかばってくれた気がして泣いてしまった。今回の参加することが間違いなんじゃないかとか、色んな批判があるなかで、どうしても罪悪感ばかりあった。もちろん客も自己責任だし、運営もチケット代を払い戻ししてくれる対応もしてくれている。そのうえで参加をしているのだから。

「こんな状況になってどうしたらいいのかわからないよね。でも、みんな平和に暮らしたいっていう気持ちは同じ気持ちなのにさ、同じ気持ちの人同士でぶつかりあってもしょうがないじゃない。みんなフジロック好きでしょ?」

そのあとの「島人ぬ宝」で号泣した。歌詞といまの状況がリンクして聞こえて、ボロボロ泣いてしまった。

 

f:id:nora_inusuke:20210824181214j:plain

泣きすぎてお腹が空いた。そういえば朝からなにも食べていたなかった。

 

f:id:nora_inusuke:20210824181427j:plain

唐揚げ丼(タルタルソース付き)を食べました。切り株にキノコのオブジェがあったのでそれをテーブルにした。インスタ映えを狙ったようなあざとい写真になっているのが恥ずかしい。

 

f:id:nora_inusuke:20210824181635j:plain

そして、牛タン串。うまい。

 

f:id:nora_inusuke:20210824181739j:plain

林でご飯を食べていたら、すぐとなりのホワイトステージでTHA BLUE HERBがはじまった。ここからでもよく聴こえる。

 

WHITW STAGE

17:10-18:10

THA BLUE HERB

今回のTHA BLUE HERBは、いまの状況へのメッセージが中心でした。BOSSは本当に男気がある。THA BLUE HERBいつも前向きで力強い励ましのメッセージをくれる。一生ついていきます。途中MCで、珍しく素で真面目な話をしていた。BOSSが素になるくらい今の状況は危機的状況なんだなと実感した。BOSSにこんなこと言わせたらダメだ。なんとかならないんだろうかともどかしい気持ちになった。

FUJIROCK EXPRESSがこのMCを全文書きおこしてくれているレポートがあるので是非読んでほしいです。

 

f:id:nora_inusuke:20210824183541j:plain

グリーンステージへ。

 

GREEN STAGE

18:50-20:40

忌野清志郎 Rock’n’Roll FOREVER 

 

忌野清志郎のトリビュートバンドのメンバーが豪華すぎました。

 

《ROUTE 17 Rock''n''Roll ORCHESTRAメンバー》
池畑 潤二(Dr)、花田 裕之(Gt)、ヤマジカズヒデ(Gt)、細海 魚(Key)、隅倉 弘至(Ba)、梅津 和時(A.Sax)、田中 邦和(T.Sax)、タブゾンビ(Tp)、青木 ケイタ(B.Sax)、丈青(Pf,Key)、スティーヴ エトウ(Per)、タニー・ホリデイ(Cho) feat. 仲井戸”CHABO”麗市(Gt.Vo)

 

・ゲストボーカルは下記です(五十音順)

奥田民生 / UA / GLIM SPANKY / 甲本ヒロトチバユウスケ / Char / トーキョー・タナカ & ジャンケン・ジョニー / トータス松本 / YONCE

 

そして、オープニングアクトはエセタイマーズでした。

エセタイマーズとは忌野清志郎によく似たZERRY率いる覆面バンド、ザ・タイマーズのオマージュバンド。 メンバーがどことなくASIAN KUNG-FU GENERATIONのGotch、ELLEGARDEN細美武士BRAHMANTOSHI-LOWHi-STANDARD恒岡章に似ている。

 

エセタイマーズでは、デイ・ドリーム・ビリーバーのカバーを演奏していました。

 


演奏後MCで、いま炎上しているゴッチに対してTOSHI-LOWが「ゴッチ、なんか言いたいことあるんじゃないの?」と振っていたのがTOSHI-LOWなりのゴッチへの優しさだなと思った。ゴッチは終始顔色が悪く声にも張りがなく、相当追い詰められているんだなという印象でした。

 

そのあと、ROUTE 17 Rock''n''Roll ORCHESTRAのメンバーと入れ替わり、ゲストボーカルが一人ずつ順番に出てくるという見応えのあるステージでした。

全員忌野清志郎の曲をカバーするのですが、これだけのメンバーが集まっているので、それぞれ個性が面白かったです。UAが歌えばUAの歌になるし奥田民生が歌えば民生の歌になる。ジャンケンジョニーの「楽屋でチバユウスケさんに本気で首を取られそうになりました!よい思い出です!ありがとうございました!」というエピソードトークに笑った。ヒロトが「キモちE」を歌っているとき、脱ぐんじゃないかとヒヤヒヤした。いま脱いだら本当にアウトだぞ!と本当に心配になった。

この時間が永遠に続いてほしいと思うくらい楽しかった。

 

f:id:nora_inusuke:20210824210305j:plain

平沢進を観るためにホワイトステージへ。しかし、このあとグリーンステージの電気グルーヴも観たい。この2つの時間帯がかぶっているのが辛い。平沢進が好きな人なら電気も好きに決まっているだろ!逆も然りだ!なんて酷なタイムテーブルなのか。ひとまず前半は平沢進、後半は電気グルーヴという流れで行こうと思う。二兎を追う者は一兎をも得ずにならないことを願う。

 

WHITW STAGE

21:00-22:30

平沢進+会人(EJIN) 

平沢進、この人は間違いなく天才であり、間違いなく変態だと思う。この人の音楽性は解読が非常に困難である。ステージの演出が未来すぎて、高熱が出たときに見る夢みたいですごかった。まず、レーザーハープと呼ばれる機材がわからん。どんな仕組みで音が鳴っているんだろう。なんか光の線が何本もあって、それに手を触れると音が鳴っているんだけど、テルミンみたいな原理なんですかね? そして、ギターの演奏がめちゃくちゃカッコいい。しかしあんなに演奏が凄腕なのに、ギターにあまり執着がなさそうな印象なのが余計にカッコいい。あくまでもテクノであって、ギターという楽器もひとつの電子楽器だという扱いなのかもしれない。だからギターのアプローチが普通じゃない。その普通じゃないノイズ音がカッコ良すぎる。

 

しかし、どうしても電気グルーヴが気になって、後ろ髪を引かれながらグリーンステージへ走った。

f:id:nora_inusuke:20210824214727j:plain

 

GREEN STAGE

21:40-22:50

電気グルーヴ

 

ピエール瀧が逮捕されて、滝がどんな風にステージに復帰するのかが気になりますよね。でも今回平沢進電気グルーヴのどちらを観るか、直前まで物凄く悩みました。電気グルーヴのステージはフジロックでも過去何度か観たことがあるし、平沢進はいままで観たことがないしなかなか観る機会も少ないし、ここは平沢進を…と思っていたところで、開催2,3日前にこんな動画を観てしまいました。

下記の動画をご確認ください。

 

電気グルーヴドキュメンタリー映画を公開する予定らしい。この予告動画が25分もあってトレーラーとは思えない長さなんすけどめちゃくちゃ面白かった。こんなものを見せられたらもうフジロック電気グルーヴ絶対見なきゃいけない使命感を感じてしまった。

ピエール瀧が逮捕された当時、石野卓球の対応は僕はすごく好感が持てた。不謹慎だけど正しい態度だったと思う。間違ってるけど正しかった。だって卓球は別になんにも悪くないんだもん。普通なら神妙な顔して「相方が皆様にご迷惑を〜」って謝罪会見とかしそうなもんだけど、卓球は一貫して茶化し続けた。「だって友達が違法な薬物をしたからって友達じゃなくなるわけじゃないじゃん」って。そんなこと普通言える? 正しいとか正しくないとか一旦置いといて、最近の世の中って、他人がちょっとなにか間違えたりすると、もう二度と許してもらえない変な風潮があって、ほんとうに息が詰まる世の中だと思う。ノーミスで生きるなんて相当ムズいのに。

僕も電気グルーヴの音楽が好きなことは変わりません。ピエール瀧のファンじゃなくなるわけじゃない。

話はそれたけど、グリーンステージの電気グルーヴ最高でした。このタイミングで日本人でフジのヘッドライナーにふさわしいのはやっぱ電気でした。ってことをとても実感した。

とかなんとか、色んなことを考えていたら、いま聴くと「N.O.」がすごく泣ける。

 

 

そして、念願の「富士山」

 


フッジッサーン!! フッジッサーン!! タカイゾタカイゾ フッジッサーン!! と両腕を高く上げてジャンプしていたら頭が真っ白になって、マスクをしていたので酸欠になって死にそうになった。この曲が意味わからなすぎて馬鹿みたいなところが本当に大好きです。フジサンが聴けて嬉しかったし楽しかった。

 

f:id:nora_inusuke:20210824224004j:plain

そんなわけで僕らのフジロックは終わってしまった。終わったあとの喪失感が半端ない。ほんの数分前までフッジッサーン!!とはしゃいでいたとは思えない寂しさ。これが最終回じゃないことを願う。

 

f:id:nora_inusuke:20210824224230j:plain

帰路に向かうと、エントランスの看板に「SEE YOU IN 2022!!」の文字が。良かった、最終回じゃないんですね。来年もやってくれるんですね。

 

来年どうなるかなんて誰にも分からないけど、また以前のようなパンデミックのことなど気にしないで純粋に音楽が楽しめる世界に戻って、来年もフジロックが開催出来るような平和な暮らしを取り戻せることを切に願っています。

出演者、関係者の皆様、お疲れ様でした。

最高のフジロックをありがとうございました。

 

f:id:nora_inusuke:20210824232034j:image

自宅でPCR検査キットで念のため検査をします。